Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】世界一位のダスティンジョンソンを支える飛距離の秘訣

ダスティン・ジョンソンは2017年度のゴルフの世界ランキング1位に輝いたが、

5年間の平均飛距離がダントツ1位と世界一の飛ばし屋でもある。

フェアウェイキープ率も高く、曲っすぐ飛ばす事にも長けている。

世界一のゴルファーを支えているドライバーショットを分析していく。

 

2017年飛距離ランキングはこちら

 

 

 

名前  ダスティン・ジョンソン

出身  アメリカ

身長  193cm

体重    86kg

世界ランキング 1位 

賞金ランキング 3位 $8,732,193

飛距離ランキング 2位 315Y

 

 

■飛距離と打撃の条件

 

2年連続で310ヤードを超えるという高いレベルでのドライバーショットは

データ上では大きな変化は見られないが、

ローリー・マキロイと同じように前年と比べると、

低スピンで高打ち出しアングルに進化している。

 

ローリーマキロイ の飛距離データ分析はこちら

 

フェアウエイキープ率も高くドライバーは得意としているのだろう。

 

2017年飛距離データ

 

2016年飛距離データ

 

■ヘッドスピード

 

ダスティン・ジョンソンはヘッドスピードは53.85m/sと高いレベルを維持している。

ヘッドスピードに比べて飛距離がかなり伸びていることから、

彼もPGAツアーの中では効率良く飛ばすタイプである。

 

 

■ミート率

 

ミート率(ヘッドスピードに対するボールスピード)においても

PGAツアー平均よりは高いレベルであり、

ゴルフクラブ に効率よくエネルギーを伝えられている。

 

 

■弾道データ

 

スピン量は2600rpmと平均よりもやや低スピンになっており、

打出しアングル11.4度という平均よりは少し高めのアングルになっている。

 

2016年と比較すると低スピンで高打出しアングル化に成功しており、

平均飛距離が2ヤードアップした要因だと思われる。

 

ローリーマキロイと同じような条件で打つ事ができるようになれば、

ヘッドスピードが早い分、もっと伸びるかもしれない。

 

ローリーマキロイ の弾道データはこちら

 

 

■フェアウェイキープ率

 

57%と飛距離の割にキープ率は非常に高く、

曲げずに飛ばせるドライバーを打つ事が出来る。

これが好スコアにも繋がっており、世界ランキング1位を支えている。

 ■飛距離とスコア

 

ローリーマキロイと同様に飛距離をアドバンテージにして

良いスコアを出せているのも特徴的だ。

2018年も間違いなく活躍できる1年になるだろう。

■ゴルフスイング

 

ダスティンジョンソンはトップでフェースを開かないようにシャットにして

フェースの開閉をせずに身体ごとぶつけていくスイングなので曲がりにくい。

ヘッドスピードが非常に早いのは、大柄な身体ながら柔軟であり、

捻転差を大きく利用することが出来ているからだ。

 ■クラブセッティング(ドライバー)

 

世界一のダスティン・ジョンソンの曲がらずに飛ばすデータを

生み出しているのはローリーマキロイと同じテーラーメイドのM2ドライバーだ。

2人とも2016年対比で低スピンで高打ち出しに進化している事から、

弾道条件を変えて飛ばしたい人にはオススメだ。

 

ローリーマキロイ のクラブはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#ダスティンジョンソン 

#ゴルフランキング

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports