Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【最新】ジャスティントーマスのクラブセッティングとショットデータ(2019年)

ブログ内容

 

・プロフィール

・ストロークゲインド

・ドライバー飛距離と精度

・ドライバー打撃条件

・アイアンショットの精度

・パッティングの精度

・最新クラブセッティング

ジャスティン・トーマス 

(Justin Thomas)

出身 アメリカ

身長 178cm

体重    66kg

世界ランキング2位

賞金ランキング1位 

$4,491,800

 

 

 トーマスの使用ドライバー

あなたのショットを分析↓

 

■ストローク・ゲインド

 

各ショットをPGAツアー平均と比較したもの。

プラスだと平均以上(得意なショット)でありマイナスだと平均以下(苦手なショット)になる。 

 

Driver…Par3以外のティーショット

Approach…2打目以降のショット

Around…30Y以内のショット

Putter…グリーン上のショット

 

PGAツアー平均よりトータルで2.2打/ラウンドのプラス(稼いでいる)になり、全てのショットでプラスとなっており欠点が見当たらない。

 

特にアプローチショット(+0.95)を得意にしており、PGAツアーでも5本の指に入るショットメーカだ。

 

正確なショットを武器にするゴルフは、松山英樹と良く似たゴルフスタイルだ。

 

 

 

ストロークゲインドを知るともっとゴルフが面白くなる

 

 

 

■ドライバー飛距離と精度

 

・飛距離ランキング

 

平均飛距離は312.5Y(8位)とショットメーカーでありながらも、飛距離も兼ね備えている。

 

スピン量が非常に少ないのが特徴であり(2055回転)、ヘッドスピードよりも好条件で飛ばすタイプである。

 

 

PGAツアーの飛距離ランキング

 

【無料】全選手のドライビングデータ

 

 

 トーマスの使用ドライバー

 

・飛距離と精度

 

平均飛距離:312.5Y(8位)

フェアウェイキープ:59%

(111位)

飛距離は312ヤードでフェアウェイキープ率59%とツアーの中でも平均よりも良い部類に入る。

 

現時点でのドライビングデータは去年とほぼ同じであり、今年も引き続き好調を維持している。

 

 

■ドライバー打撃条件

 

ヘッドスピード:52.31m/s

ボールスピード:78.54m/s

ボールスピード78.1m/sは怪物達の集まるPGAツアーでは、そこまで早いとは言えない。

 

それでも310ヤードを超える距離を飛ばせるのは、超低スピンで打撃する事が出来ているからだ。

 

 

スピン量:2055回転

打ち出しアングル:11.01度

2000回転の超低スピン打撃は、PGAツアーの中でも2番目にスピン量が少ない。

 

ここまでのスピン量で打撃する高い技術を持ち得ているトーマスはさすがだ。

 

 

ジャスティントーマス使用

(ディアマナBFシャフト)↓

 今だけ特別価格45%OFF↓

 

 

■アイアンショットの精度

 

グリーンオン率

平均パーオン率:70.1%

200Y以上からのオン率:49.0%

175-200Yまでのオン率:53.6%

150-175Yまでのオン率:63.9%

125-150Yまでのオン率:75.0%

100-125Yまでのオン率:76.3%

100Yまでのオン率:90.5%

パーオン率は70%になっており、抜群の安定感を示している。

 

ほとんどの距離に関して平均よりも高く、175ヤード未満の距離でのグリーンヒット率は60%以上になっている。

 

ピンまで寄った平均距離

200Y以上のショット精度:14.7Y

175-200Yのショット精度:11.0Y

150-175Yのショット精度:9.5Y

125-150Yのショット精度:6.9Y

100-125Yのショット精度:7.4Y

100Yのショット精度:4.7Y

 

グリーンヒット率だけでなくショットの精度(ピンまでの距離)でも、殆どの距離でPGAツアー平均よりも近い距離に寄せることができている。

 

 

100ヤード以内のショートアイアン200ヤードを超えるロングショットもかなりの高いレベルで打つことができるのが彼の凄さだ。

 

 

■パッティングの精度

 

平均パッティング:1.69

6M以上からカップイン:9.8%

4.5〜6Mのカップイン:10.3%

3〜4.5Mのカップイン:41.8%

3M以下のカップイン:95.7%

トーマスのパッティング力はPGAツアーで平均より少し良いレベルである。

 

どちらかといえばショートパットを得意としており、3-4.5mのパットでは40%以上の確率でカップインさせている。

 

■クラブセッティング(2018年)

 

 

ドライバー

 タイトリスト 917D2

(8.5度)

シャフト:三菱ディアマナ

(BF 60TX)

 

 3ウッド

タイトリスト 917F2

(ロフト15度)

シャフト:三菱テンセイCK

(ブルー 80TX)

 

 

 5ウッド

タイトリスト 915Fd

(ロフト18度)

シャフト:藤倉スピーダー

(VC9.2 X)

 

 

アイアン

 タイトリスト 718 AP2

(4番)

シャフト:ダイナミックゴールド

(X100)

 タイトリスト 718 MB

(5番〜9番)

シャフト:ダイナミックゴールド

(X100)

 

 

ウェッジ

 タイトリスト ボーケイSM5

(56度-14)

シャフト:ダイナミックゴールド

 

タイトリスト ボーケイSM6

(46度-08・52度-12)

シャフト:ダイナミックゴールド

 

 

 パター

 スコッティキャメロン

(サークルT X5)

■関連ブログ

 

【無料】全選手のドライビングデータ

 

【最新】カテゴリ別の人気ドライバー28選

 

PGAツアー使用率No.1ドライバー

 

タイガーウッズのデータ分析

 

松山英樹のデータ分析

 

ローリーマキロイのデータ分析

 

ジョーダンスピースのデータ分析

 

ダスティンジョンソンのデータ

 

最速のゴルフ上達法

 

ジャスティントーマス使用

(ディアマナBFシャフト)↓

 今だけ特別価格50%OFF↓

 

#ジャスティントーマス

#世界ランキング2位

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports