Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【最新】ジャスティンローズのクラブセッティングとショットデータ(2019)

ブログ内容

 

・プロフィール

・平均スコア

・バーディー数

・平均パット数

・3パット率

・ドライビングディスタンス

・最新クラブセッティング

(GolfWeek出典)

 

ジャスティンローズ 

(Justin Rose)

出身 イギリス

身長 191cm

 体重    88kg

世界ランキング1位

賞金ランキング6位 

$1,894,795

 

PGAツアーで使用のドライバーランキング

 

 

世界一美しいスイングと言われている

 

ジャスティンローズ

 

アマチュアの方もお手本にしたい所でしょう。

 

元々精度の高いショット力を持ち合わせていたが、

 

ここ数年は大きなミスも減り安定感も増してきた。

 

そして、ついに2019年度シーズン序盤に

 

世界ランキンング1位まで昇り詰めた。

 

2019年度はクラブ契約先を一新するという

 

大きなチャレンジをしている。

 

※2019年フェニックスオープン終了時のデータ

 

 

あなたのショットを分析↓

 

ジャスティンローズの使用ドライバー↓

 

■ショットデータ

ジャスティンローズ の強さ

 

平均スコア

2位(68.98)

 

バーディー数(ラウンド)

1位(5.5)

 

平均パット数

1位(1.61

 

3パット率

5位(0.93

 

ドライビングディスタンス

17位(308.4)

 

■平均スコア

 

平均スコア

2019年度 68.94

(2位)

2018年度 68.99

(2位)

 

 

2017年度シーズンでは平均スコア69.7だったのだが、

 

2018年度~2019年シーズン現在では68.9台まで下がっている。

 

1試合(4ラウンド)に換算すると4打縮まっているという事であり

 

68.9台というのはPGAツアーでも2位に位置するが、

 

仮にコースがPar72だとすると、

 

平均で12アンダーには届いている計算だ。

 

まさに、世界ランキング1位の凄さを示しているだろう。

 

 

■バーディー数

 

 

バーディー数(ラウンド)

2019年度 5.5

(1位)

2018年度 4.5

(2位)

 

 

ジャスティンローズ がハイスコアを出せるのには、

 

とにかくバーディーを取れているからだと考えられる。

 

1ラウンド当たりの平均バーディー数は5.5個となっており、

 

PGAツアーの中でもダントツ1位にランクインしている。

 

この数のバーディーを取れていると、

 

先ほどの平均スコアを維持するには

 

ボギーは2回くらい打っても十分に達成できる。

 

まさにバーディーに勝る薬なしという所だろうか・・・

 

 

■平均パット数

 平均パット数 

2019年度 1.61

(1位)

2018年度 1.73

(9位)

 

 

ジャスティンローズ が高いバーディー率を誇る理由の一つが

 

実はパッティング力だと言えるだろう。

 

平均パット数もPGAツアーの中でも

 

No.1にランキングされており、

 

非常に得意としている部分だ。

 

特に昨年度からは0.12パット/ホールも減っている。

 

1ラウンドではパッティング数が2打減っている為、

 

好スコアに非常に大きく貢献しているだろう。

 

ジャスティンローズの使用パター↓

 

■3パット確率

 

 3パット確率

2019年度 0.93%

(5位)

2018年度2.69%

(73位)

 

3パットの確率が今年は大幅に減っているのが解るだろう。

 

先ほどの平均パット数が減っている理由の一つを示すデータだ。

 

元々は強気のパッティングがローズの長所ではあったが

 

今年は3パットを減らすセフティーなプレーになってきている。

 

3パットを減らす事で結果的にパット数が減っているのを見ると、

 

アマチュアも是非真似をしてほしい。

 

ジャスティンローズの使用パター↓

 

 

■ドライバー飛距離

 

 ドライバー飛距離

2019年度  308.4Y

(17位)

2018年度  303.5Y

(34位)

 

今年はドライバー飛距離も大きく伸びている。

 

+5ヤードとツアー選手の中でも伸ばしている方であり、

 

ショットやパットが得意な彼にとっても

 

大きなアドバンテージになるだろう。

 

新しい相棒に変えた2019年度シーズンにも

 

注目していきたい。

 

 

ジャスティンローズの使用ドライバー↓

 

 

■クラブセッティング(2019年)

 

 

ドライバー

ホンマ TW747

(9.5度)

シャフト: ホンマヴィザード

(FD-7X)

 

 3ウッド

テーラーメイド M4

(ロフト15度)

シャフト:三菱テンセイCK

(80TX)

 

 5ウッド

テーラーメイド M3

(ロフト15度)

シャフト:三菱テンセイCK

80TX)

 

アイアン

ホンマ TW747

(4番-10番)

シャフト:KBS Hi-Rev2

(135XS)

 

ウェッジ

ホンマグラインドロウ

(52度・56度)

シャフト:KBS Hi-Rev2

(135XS)

 

 

 パター

 AXIS 1プロト

 

 

 ボール

テーラーメイド

TP5

 

ローズのドライバーを中古で購入

 

 

■関連ブログ

 

【無料公開】ドライバー全選手データ

 

【最新】カテゴリ別の人気ドライバー28選

 

タイガーウッズのショット分析

 

ジョーダンスピースのショット分析

 

ローリーマキロイ のショット分析

 

PGAツアープロのセッティング

 

 

あなたのショットを分析↓

 

#ジャスティンローズ 

#クラブセッティング

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports