Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【最新】マットクーチャーのクラブセッティングとショットデータ(2019年)

ブログ内容

 

・プロフィール

・平均スコア

・フェアウェイキープ率

・グリーンヒット率

・バーディー数

・最新クラブセッティング

(GolfWeek出典)

 

マットクーチャー

(Matt Kuchar)

出身 USA

身長 193cm

 体重    88kg

世界ランキング20位

賞金ランキング2位 

$2,849,060

 

PGAツアーで使用されるドライバーランキング

 

 

2010年に年間王者に輝いたマットクーチャーはであるが、

 

ここ数年は満足行く結果が出ていなかった。

 

しかし、2019年度シーズン前半戦は好調であり、

 

既に2勝を挙げて賞金ランキングも2位につけている。

 

※2019年フェニックスオープン終了時のデータ

 

 

あなたのショットを分析↓

 

マットクーチャーの使用ドライバー↓

 

■ショットデータ

マットクーチャーの強み

 

フェアウェイキープ率

3位(75%)

 

グリーンオン率

9位(77%)

 

平均スコア

3位(69.25)

 

バーディー数(ラウンド)

11位(5.1)

平均スコア

平均スコア

2019年度 69.25

(3位)

2018年度 70.46

(53位)

 

 

昨年よりも平均スコアで1打以上も大幅に伸ばしている。

 

これは4日間戦う事で平均4打も縮んでいるという脅威的な数字だ。

 

何故ここまで伸ばす事ができたのか、

 

PGAツアーのデータを分析してみる事にしよう。

 

 

■フェアウェイキープ率

 

 フェアウェイキープ率

2019年度 75%

(3位)

2018年度 66%

(75位)

 

 

PGAツアーの中では飛距離が出ないタイプのクーチャーだが、

 

若手の飛ばし屋と戦っていけるのは抜群の安定感があるからだ。

 

世界で最も難しくてタフだと言われるPGAツアーのコースの中でも

 

特にラフが深くて狭いコースを得意としていた。

 

しかし、2017年~2018年と60%台とツアーの中では平均的な数字だが、

 

彼の中では精彩を欠いていた。

 

今年は75%とかなりの確率でフェアウェイを捉えるショットになっている。

 

このままの精度を維持していければ、テクニカルなコースでは

 

上位に食い込む事は間違いないだろう。

 

使用ドライバーのJGRは捕まって飛ぶやさしさを売りにしているが、

 

マットクチャーのデータを見ると操作性も良い!

 

 

■グリーンオン率

 

 グリーンオン率 

2019年度 77%

(9位)

2018年度 66.81%

(94位)

 

 

セカンドショットをグリーンに乗せる確率は

 

アマチュアにとってはもちろんトッププロにとっても

 

非常に重要な数字だ。

 

特にグリーン周りも難しいPGAツアーにおいては、

 

安全にグリーンに乗せておく事で

 

簡単にボギーを打たなくなるだろう。

 

マットクーチャーもグリーンヒット率が66%→77%

 

大幅に確率が上がっている。

 

先述したドライバーショットの安定感と関連しており、

 

フェアウェイに打てるティーショットが増えたからこそ

 

グリーンを捉える確率が上がったのではないかと私は考える。

 

 

■バーディー数

 

 バーディー数(ラウンド)

2019年度 5.1/ラウンド

(11位)

2018年度 3.58/ラウンド

(116位)

 

ここまでを分析すると、マットクーチャーは安全なプレーを好み

 

ボギーを打たない事でスコアをキープしているように感じる。

 

しかし、昨今のPGAツアーではハイスコアでの争いになる事が多く

 

バーディーを取らないと勝てない。

 

年々飛距離が伸びて、簡単にバーディーを取るプレーヤが増えたからだ。

 

彼もバーディ数(ラウンドあたり)も3.5→5に大きく増やしていた。

 

この理由に関してはグリーンヒット率だけでなく、

 

アイアンショットがピンに絡む距離に付けられていたのだと考えられる。

 

 

 

■クラブセッティング(2019年)

 

 

ドライバー

ブリヂストンツアーB JGR

(9.5度)

シャフト: フジクラアッタス

(6S)

 

 3ウッド

タイトリスト TS2

(ロフト13.5度)

シャフト:フジクラスピーダー

(757X)

 

 UT

ブリヂストンツアーB XD-H

(ロフト18度)

シャフト:フジクラスピーダー

(TS8.8X)

ピンゴルフアンサー

(ロフト20度)

シャフト:フジクラスピーダー

 

 

アイアン

ブリヂストンゴルフJ15CB

(5番-PW)

シャフト:ダイナミックゴールド105

(S300)

 

ウェッジ

ブリヂストンゴルフJ40フォージド

(52度)

クリーブランド RTX-4

(58度) 

クリーブランド RTX-3

(62度)

 

 パター

 ベティナルディ DASS KM-1

 

 

 ボール

 ブリヂストン

ツアーB X

 

クーチャーのドライバーを中古で購入

 

 

■関連ブログ

 

【無料公開】ドライバー全選手データ

 

【最新】カテゴリ別の人気ドライバー28選

 

PGAで使用率No.1のドライバー

 

タイガーウッズのショット分析

 

ジョーダンスピースのショット分析

 

ローリーマキロイ のショット分析

 

PGAツアープロのセッティング

 

 

あなたのショットを分析↓

 

#マットクーチャー

#クラブセッティング

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports