Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【2018年】ジョンラームの最新クラブセッティングとショットデータ

ブログ内容

 

・プロフィール

・ストロークゲインド

・ドライバー飛距離と精度

・ドライバー打撃条件

・アイアンショットの精度

・パッティングの精度

・最新クラブセッティング

 

ジョン・ラーム

(Jon Rahm)

出身 スペイン

身長 188cm

体重    99kg

世界ランキング2位

賞金ランキング4位 

$2,101,184

 

ジョンラームの使用ドライバー

あなたのショットを分析↓

 

 

 

■ストローク・ゲインド

 

各ショット分析し、PGAツアー平均と比較したもの。

 

プラスだと平均以上(得意なショット)でありマイナスだと平均以下(苦手なショット)になる。 

 

Driver…Par3以外のティーショット

Approach…2打目以降のショット

Around…30Y以内のショット

Putter…グリーン上のショット

 

世界ランキング2位のラームはPGA平均よりも+1.6打/ラウンドも良い。(スコアを稼いでいる)

 

ドライバーは+1.25と圧倒的な数字を叩き出しており、飛んで曲がらないドライバーはラームの大きな長所である。

 

特に苦手なショットがなく平均的なレベルが高いのも彼の強みになっている。

 

 

ストロークゲインドを知るともっとゴルフが面白くなる

 

 

■ドライバー飛距離と精度

 

・飛距離ランキング

 

平均飛距離は307.6Y(25位)であり、PGAでツアーでも上位にランクインされる。

 

フェアウェイキープ率も60%と高く、精度が高いドライバーを飛ばしてスコアを稼ぐスタイルがラームのゴルフだ。

 

PGAツアーの飛距離ランキングと使用ドライバー

 

 

・飛距離と精度

 

平均飛距離:307.6Y(25位)

フェアウェイキープ:58%

(140位)

PGAツアーの中でも上位の飛距離と精度を持っている。

 

 

■ドライバー打撃条件

 

ヘッドスピード:52.85m/s

ボールスピード:78.92m/s

ヘッドスピードとミート率(ヘッド/ボール)もPGAツアーの中で上位レベルであり、大柄な体格を活かしたパワーで飛ばすタイプ。

 

 

スピン量:2250回転

打ち出しアングル:10.9度

スピン量は2250回転で打出しは11度と超低スピンの高弾道になっている。

 

最も飛距離が出て曲がりにくい最適条件になっており、ドライバーのレベルの高さを感じられる。

 

PGAツアーでも高レベルなドライバーショットを放つラームはテーラーメイドのM4を使用して超低スピンと高弾道を実現している。

 

 

 

 

■アイアンショットの精度

 

グリーンオン率

平均パーオン率:68.5%

200Y以上からのオン率:52.5%

175-200Yまでのオン率:64.5%

150-175Yまでのオン率:55.8%

125-150Yまでのオン率:64.5%

100-125Yまでのオン率:62.5%

100Yまでのオン率:84.2%

アイアンショットのグリーンオン率は、平均よりはやや高め。

 

距離別のデータでは175ヤード以上のロングアイアンのグリーンを捉える力が圧倒的に高い。

 

逆に短い距離のショットに関しては、平均よりも下回る。

 

ハイアベレージでグリーンを捉えるロングアイアンはテーラーメイドのP790を使用している。

 

 

ピンまで寄った平均距離

200Y以上のショット精度:18.0Y

175-200Yのショット精度:11.5Y

150-175Yのショット精度:9.35Y

125-150Yのショット精度:8.36Y

100-125Yのショット精度:6.95Y

100Yのショット精度:4.72Y

 

ショットの精度(ピンまでの残り距離)を見てみると、100Y以内の精度が非常に高く、平均よりも大きく上回る。

 

150〜200Yのミドルアイアンの精度も良く(ピンまで近い)、アイアンショットにも大きな欠点が見られない。

 

 

■パッティングの精度

 

 

平均パッティング:1.70

6M以上からカップイン:7.32%

4.5〜6Mのカップイン:26.6%

3〜4.5Mのカップイン:35.3%

3M以下のカップイン:96.1%

全ての距離で平均レベルを上回っており、パッティングの総合力は非常に高い。

 

距離別のカップインの確率を見てみると、4.5〜6mの距離のカップイン率がかなり高くなっており、大きなアドバンテージになっている。

 

得意なパッティングを支えているのは、ツアーでも人気のスパイダーレッドである。

 

 

 

■クラブセッティング(2018年)

 

 

ドライバー

 テーラーメイド M4

(ロフト9.5度)

シャフト:アルディラツアーATX

( 75TX)

 

 

3ウッド

 テーラーメイド M3

(ロフト15度)

シャフト:アルディラツアーATX

( 75TX)  

  

 

5ウッド

 テーラーメイド M3

(ロフト19度)

シャフト:グラファイトデザイン

(ツアーAD-DI 8X)

 

アイアン

 テーラーメイド P-790

(3番)

シャフト:プロジェクトX

(Rifle 6.5)

 

 テーラーメイド P-750

(4番〜PW)

シャフト:プロジェクトX

(Rifle 6.5)

 

ウェッジ

 テーラーメイド ミルドグラインド 

(52度-09・56度-12)

テーラーメイド Hi-Toe

(60度)

シャフト:プロジェクトX

(Rifle 6.5)

 

パター

 テーラーメイド スパイダー

(ツアーレッド)

 

■オススメギア

 

ジョンラームが選んだテーラーメイドのゴルフボール。

ジョンラームと同じプレーナンバー10でサイドマークにRAHMのマークが!

ローリーマキロイ・ダスティンジョンソン・ジェイソンデイ・ジョンラームのレプリカモデルが1スリーブ(3球)ずつ入った特別パッケージ。

貴方も彼らの気分になってプレーしてみるのはいかがでしょう?

数量限定なのでお早目に

 

送料込みで最安値はこちら↓

 

 

■関連ブログ

 

トミーフリートウッドのデータ分析

 

世界最高峰PGAツアーの人気ドライバー

 

タイガーウッズのデータ分析

 

ローリーマキロイ のデータ分析

 

松山英樹のデータ分析

 

PGAツアープロのセッティング

 

#ジョンラーム

#世界ランキング

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports