Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】飛ばしに必要な条件と松山英樹の進化

■過去5年間でNo.1の飛ばし屋はダスティン・ジョンソン!

 

過去5年間の平均飛距離データを見てみると

平均で310Y超えで圧倒的な飛距離を誇るのは

ダスティン・ジョンソンである。

 

長年に渡りバッバ・ワトソンも2強の一旦を担いできたが、

2017年はランキングを大きく落としてしまった。

 

また、日本でもお馴染みのアダム・スコットやジェイソン・デイも

平均で305YとPGAツアーの飛ばし屋達の中でも上位に位置する。

 

 

彼らのように飛ばすにはどういう条件が必要なんだろうか?

 

■「PGAツアーの飛ばし屋」になるためには

 

2017年度シーズンの飛距離ランキングではダスティン・ジョンソンは惜しくも

ロリー・マキロイに敗れたが、高いレベルで飛ばし続けるには条件がある。

 

飛距離との相関が高いボールスピードは80m/s程度は必要であり、

それを満たすヘッドスピードは53m/s以上が必要だ。

スピン量はなるべく低い方が良いが、おおよそ2600rpm以下には抑えないといけない。

 

これらを満たす事が出来ると、310Y程度の飛距離を維持する事ができ

PGAツアーの中でも飛ばし屋として戦っていけるだろう。

 

2017年飛距離ランキング

 

■過去の飛ばし屋に足りなかったものとは

 

平均飛距離が5Yも短かった10年前も飛ばし屋達は同じような条件で打撃している。

 

ヘッドスピードを比べてみると2017年と大きな差はない。

 

しかし、ボールスピードが80m/sを超える選手は僅かしかおらず、

高いヘッドスピードを効率よくボールに伝えていない事がわかる。

 

また、スピン量も2600回転を超えるようなプレーヤーが多く

それにより飛距離をロスしているものだと思われる。

 

 ■プロゴルファー、松山英樹も年々進化している。

 

さて、世界ランキング4位まで登りつめた松山英樹にも触れておこう。

 

彼はショットメーカーである事は周知の事実ではあるが、

躍進した2017年は飛距離も大幅に伸びているのはご存知だろうか?

 

2015年・2016年と294YとPGAツアーでは平均くらいであったが、

昨年は300Yを超えており、飛距離ランキングも25位につけている。

 

2015年度飛距離ランキング

2016年度飛距離ランキング

2017年度飛距離ランキング

 

松山英樹の打撃条件はスピンやアングルが変わっていない為、

スイングは大きくは変えていないと推測される。

 

大きく変化があったのはヘッドスピードで2.0m/s増加している。

それに伴いボールスピードが76.5m/sと1.5m/s増加し、

飛距離では約10Y伸びた。

 

ヘッドスピード52.5m/sではボールスピードがもう少し出る可能性があり、

必ずしも効率的に打撃できているとは言えない。

(ボールスピードは77〜78m/s程度)

 

ヘッドスピードの向上は地道に積み重ねたトレーニングの賜物であり、

高みを追求する彼ならボールスピード向上にも挑戦し、

さらなる飛距離アップをしてくるだろう。

 

2018年も松山英樹の活躍には注目していきたい。

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports