Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】年間王者のジャスティントーマスのドライバーは高弾道で超低スピン

2017年度のPGAツアー年間王者に輝いたジャスティン・トーマスは

外国人選手の中ではそれほど大きくない体格をしているが、

かなりの高打ち出し低スピンの飛ぶ弾道でドライバーの飛距離を稼いでいる。

松山英樹のライバルとして、ゴルフ界の次世代を担う一人である。

 

2017年の飛距離ランキングはこちら

 

 

名前  ジャスティン・トーマス

出身  アメリカ

身長  178cm

体重    66kg

世界ランキング 4位 

賞金ランキング 1位 $9,921,560

飛距離ランキング 8位 309.7Y

 

 

■飛距離と打撃の条件

 

打出しアングルが12.5度と高くて、2293回転という超低スピンで打出しており、

最適な弾道で飛距離を稼いでいる事が特徴である。

2016年よりも曲がりを抑えた上で、飛距離を伸ばす事が出来たのが、

ゴルフスコアの向上に繋がっている。

 

2017年飛距離データ

 

 

2016年飛距離データ

 

■ヘッドスピード

 

ジャスティントーマスはヘッドスピードは52m/sと飛ばし屋としては物足りないが、

同じヘッドスピードの選手たちの中では群を抜いて飛距離を稼いでいる。

 

2017年はヘッドスピードを上げずに平均飛距離を10メートル近くも

伸ばす事が出来ている事に驚きを感じる。

■ミート率

 

ボールスピードが78m/sとヘッドスピードの割には高いボールスピードで打撃しており、

2016年とのデータにもほとんど差が無い。

ローリー・マキロイやダスティンジョンソン と同様にゴルフボール に

エネルギーを効率よく伝えられる事が飛ばし屋の共通条件だ。

 

ローリーマキロイ の飛距離データ分析はこちら

 

■弾道データ

 

スピン量は2200rpmと超低スピンになっており、

打出しアングル12.5度という非常に高い打出しになっている。

アッパースイングで打撃している事により、この条件を生み出している。

 ■フェアウェイキープ率

 

フェアウェイキープ率が55%とPGAツアーでは平均レベルであるではあるが、

2016年からは向上しており、その上での大きな飛距離アップに成功している。

スピン量が少ない選手なので、飛ぶが安定性には少し欠けるか。

 ■飛距離とゴルフスコア

 

2017年度の王者というだけあって、ゴルフスコアは飛ばし屋達の中ではNo.1である。

2016年から大きく平均スコアが向上しているのは、

飛距離アップ以外の要素が影響しているものだ。

スコアでは世界ナンバーワンのダスティンジョンソンさえも上回っている。

 

ダスティンジョンソン の飛距離データ分析はこちら

■ゴルフスイング

 

現代の若手に多い、ジャンプアップしてアッパブローで飛ばす

飛ばしに特化したゴルフスイングをしている。

 

方向性を安定させるのが非常に難しいゴルフスイングだが、

2017年はフェアウエイキープ率もやや向上した。

 ■クラブセッティング(ドライバー)

 

ジャスティン・トーマスの高打ち出しアングルで低スピンの

最適弾道で飛ばすデータを生み出しているドライバは

プロや上級者に好まれるタイトリストの917D3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#ジャスティントーマス

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports