Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフ上達法】あなたのショットを簡単に分析するソフトと学習法

2018/02/28

ブログ内容

①データ分析する事でゴルフが上達する理由

②データサイエンスを学べるオススメ講座

■データ分析する事で素早くゴルフ上達!

 

 

アマチュアゴルファーの誰もが早くゴルフ上達して、スコア70代でラウンドしたいと思うのは当然の事だ。

 

その為にプロの動画を見ながらスイング改造してみたり、自分にフィットするクラブやシャフトを変えてみたりと試行錯誤している事だろう。

 

しかし、自分のゴルフを統計的なデータを利用して分析する事でゴルフ上達する事もできる!のだ。

 

今回はゴルフ上達に必要なデータ分析の方法を紹介する。

 

 

 

■なぜデータ分析が必要なのか?

 

一つはデータを活用する事で自分の本当の実力を正確に測定できる!からである。

 

ゴルフを上達する為には、自分の得意や苦手なショットを知る必要がある。

 

しかし、実際のところは自分の得意・不得意を本当に解っている人は少ない。

 

この表はタイガーウッズ の今年のショットの貢献度を分析したものだ。

 

統計データより平均より得意か不得意かをグラフにしたものである。

 

豪快なティーショットやグリーン周りの繊細なショットに目が行きがちだが、

 

実際に得意なのはパッティングだという事は一目瞭然だろう。

 

自分の実力というものは主観的に感覚で

 

重要なのは感覚的でなく統計データから本当の自分のレベルを知る事なのだ。

 

 

統計から自分のデータを分析できるプログラム

 

 

2つ目はコースマネージメントに迷わなくなる!から。

 

自分の得意・不得意を知る事が出来る事でコースマネジメントにも迷わなくなる。

 

ローリーマキロイのグリーンオン率をみてみると150~175ヤードの方が125~150ヤードよりも確率が高い。

 データ分析をすれば、どのクラブを持ってどれだけの距離を残すのが確率が高いのか一目瞭然なのだ。

 

このデータを活用しゴルフに取り入れているPGAツアープロも増えてきた。

 

自分のゴルフデータを分析できるプログラム

 

 

 

■3行のコードで簡単にデータ分析

 

Phtonという無料ソフトを使用すれば、これらのデータ分析を簡単に行う事が出来る。

 

たった3行のコードを書くだけで公開されているトッププロや同じレベルのプレーヤーの平均値やバラツキを知る事ができ、散布図や棒グラフにグラフ化する事までできる。

 

PGAツアーで使用しているドライバーの種類と飛距離も「プログラム初心者の私でも簡単に分析できる。」のだ。

 

 

■「データサイエンス」で簡単に学習

 

自分のゴルフデータを分析できるプログラム

★オススメポイント

短時間で低価格で学べる講座は他にはない

 

★プログラム内容

 

①準備編 約20分

パイソンのインストールからセットアップまで

 

②基礎編 約1時間

簡単なプログラムの学習

 

③データ分析編 約2時間

データ分析に必要なプログラムの学習

 

④実践編 約2時間

タイタニック号の沈没の分析

※ゴルフのデータ分析に利用可能

 

株式データの分析

※ゴルフのスコアアップの予想に利用可能

 

⑤機械学習 約2時間

さらに深めたい人はこちらも

 

 

たった、1日勉強するだけで初心者でもデータ分析ができるようになるプログラムであり、もちろんゴルフ上達にも活かせる。

 

株式やマーケティング・販売・開発等のビジネスの面でも活かせる内容になっています。

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports