Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】ドライバー飛距離ランキング(2017年)

ブログ内容

 

・2017年の平均飛距離

・飛距離トップ10のデータ

・松山英樹の飛距離

・飛距離ランキング最下位

・トップ30の使用ドライバー

・ピン(G400)

・テーラーメイド(M2)

・タイトリスト(917)

・高反発ドライバー

 

2017年の平均飛距離

 

アマチュアゴルファーにおいて、

飛距離は最大の魅力である。

 

飛ばし屋が集結している

世界最高のPGAツアーの飛距離は

誰しもが興味を持つだろう。

 

2017年のPGAデータより

飛ばし屋達の飛距離と

使用ドライバーについて述べる。

 

「PGAツアーの飛距離トップ10は

310ヤードも飛ばしている」

 

2017年度の平均飛距離は

292.78ヤードになっており、

300ヤードを超えている

プレーヤーは30人もいる。

 

以下は飛距離トップ10である↓

 

飛距離トップ10

 

飛距離ランキング1位の座に

ランクしたのは

「ローリー・マキロイ」

平均飛距離317ヤードと

周囲を比べても非常に高い。

 

ローリー・マキロイの

飛距離データはこちら

 

飛距離ランキング2位には

世界ランキング1位の

ダスティン・ジョンソン」

 

5年連続で飛距離2位以内

をキープしており

世界一の飛ばし屋である。

 

 

ダスティンジョンソンの

飛距離データはこちら

 

 

■松山英樹の飛距離

 

世界ランキング4位まで

急上昇した松山英樹は

2016年よりも

飛距離が伸びている。

 

以下は飛距離18〜25位である↓

飛距離18〜25位

 

松山英樹は303ヤード」

全体の25位につけている。

 

300ヤード以上の飛距離を

持ちあわせながらも、

強者が集まるPGAツアーでは

平凡な数字に見えてしまう。

 

 

松山英樹の飛距離データはこちら

 

 

飛ばし屋で有名な

「バッバ・ワトソン」や、

 

過去に世界1位になった

「ジェイソン・デイ」

20位付近になり、

PGAツアーはレベルが高い。

 

 

■飛距離ランキング下位

 

以下は飛距離最下位である↓

飛距離178〜189位

数年前に世界1位になった

「ルーク・ドナルド」

178位につけている。

 

最下位の「ジム・フューリック」

270ヤードとなっており、

ローリー・マキロイとの差は

約50ヤードもある。

 

1ラウンドで換算すると

600ヤードも差が

出てしまう。

 

飛距離はPGAにおいても

かなり重要な要因を

占めているのではないか

と推測され

飛ばないと不利だろう。

 

 

■トップ30の使用ドライバー

 

2017年のPGAツアーでは

多くの選手達が

「テーラーメイド」

ドライバーを使用している。

 

飛距離ランキング1位の

「ローリー・マキロイ」

世界ランキング1位の

「ダスティンジョンソン」

全米オープン覇者の

「ブルックス・ケプカ」

などの

PGAツアーのTOPランカー

『M2』を選んでいる。

 

飛距離トップ20人の中で

7人も使用しており

2017年度の一番飛んだ

ドライバー

ということになる。

 

次に多く見られるのが

ピンの『G400シリーズ』

「バッバ・ワトソン」

「トニー・フィナウ」

などの

パワーのある飛ばし屋

が好んで使用している。

 

『M1』や『917』などの

上級者が好むモデル

 

テーラーメイドM1は

「ジェイソン・デイ」

 

タイトリスト917は

「シャスティン・トーマス」

「アダム・スコット」

等の実力者が使用していた。

 

 

意外にも

日本では大人気の

キャラウェイの

『GBB EPIC』

使用している

プレーヤは少ない。

 

 

これらのモデルを

PGAツアー選手達の

データから分析し

アマチュアがどういった

モデルを使用したら

良いか考えてみる。

 

■ピン「G400シリーズ」

 

・G400使用プレーヤ

トニー・フィナウ 

ブランドン・ヘイギー

トレイ・マリナックス

バッバ・ワトソン 

 

・ボールスピードとヘッドスピード

ボールスピードが速いのは

ピンの『G400シリーズ』

※グラフ緑色

 

全体的に右上にプロットされ

初速が速いクラブ

 

パワープレーヤに好まれており、

PGAツアーの中でも

ヘッドスピードの

早い選手達が使用している。

 

ボールスピードも80m/sを

超える速さを維持している為、

ヘッドのエネルギーを

効率良くボールに

伝える事ができるクラブだ。

 

空気抵抗を抑える

『タービュレーター』

の効果も

早いヘッドスピード

を生み出している

要因なのかもしれない。

 

どちらかというと

ヘッドスピードが早く、

スピードを生かして

飛ばしたいユーザには

オススメの一本である。

 

ツアーで高初速を

記録している

『G400』に関してはこちら

 

   

■テーラーメイド「M2」

 

 ・M2使用プレーヤ

ローリー・マキロイ 

ダスティン・ジョンソン 

ブルック・スケプカ

ケビン・ツエー

ジョン・ラーム

 

 

・打ち出し角とスピン

 

最適弾道で打てるのは

テーラーメイドの『M2』

※グラ​フ青色

 

 

 効率良く飛ぶ弾道に

するには

スピン量が2400回転

打出し角は12度

だと言われている。

 

これに近いのは

テーラーメイド『M2』で、

平均スピン量2400回転

打ち出し角11.5度と

ほぼ理想条件と

言っても過言ではない。

 

前作よりも低重心化した事で

低スピンで高打ち出しの

最適条件を生み出している。

 

寛容性の高い新『M2』は

低スピンで打出しも

高くなるので

全てのゴルファーに

オススメの一本である。

 

飛距離No.1ドライバー

『M2』に関してはこちら

 

■タイトリスト「917」

・917使用プレーヤ

ジャスティン・トーマス

アダム・スコット

ジェイソン・コクラック

 

飛距離とフェアウェイキープ

安定性が高いのは

タイトリストの『917』

※グラフ紫色

 

『M2』や『G400』と比較して

フェアウェイキープ率が高く

PGAツアーの中では

一番安定性の高い

ドライバーだと言える。

※使用プロは55%を超える。

 

ツアープロ達は

「917はミスに強い」

と口を揃えて言うが、

説得力のあるデータ

になっている。

 

重心深度が大きい事により

直進性に長けている事が

影響しているのでは

ないかと思われる。

 

飛距離よりも

安定性を重視される

ステディーなゴルファー

にはオススメの一本だ。

 

実力者が使用する

安定性抜群の『917』に

関してはこちら

 

 

■高反発ドライバー

 

もっと飛ばしたい

と心から感じるゴルファー

には高反発ドライバー

使用するのを

オススメしたい。

 

「ハヤブサビヨンド」

フェースの反発係数が

従来品と比べて

10%向上している。

 

 

反発だけでなく

低スピン×高弾道の

条件になっており

飛ぶ弾道になる

設計になっている。

 

「M2」と「G400」を

足した性能になっている

高反発ドライバー

「ハヤブサビヨンド」

こちら↓

 

 

■関連ブログ

 

リッキーファウラーの最新クラブ

 

ダスティンジョンの最新クラブ

 

タイガーウッズの最新クラブ

 

松山英樹の使用クラブ

 

ジャスティントーマスの最新クラブ

 

ローリーマキロイの最新クラブ

 

PGAツアープロのセッティング

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports