Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】データを分析する上で重要な「ストローク・ゲインド(SG)」

■ストローク・ゲインド(SG)から解ること

 

最近のPGAゴルフツアーではティーショットの飛距離がスコアに

大きく貢献している事を明らかにしたが、

ショットやアプローチ・パッティングについてはどうだろうか?

 

ストローク・ゲインド(SG)は、コロンビア大学の

マーク・ブローディ教授が2007年以降学術機関に提供された

ショットリンクスというデータを利用して開発した。

 「スコアを縮めるにはどうすればいいか?」

「ドライバーで10Yの飛距離が伸びたらどれだけ有利か?」

 

ストローク・ゲインド(SG)では各ショットの貢献度が算出でき

プレーヤーのスコアリングの傾向、得意距離や苦手なショットなど

個々のパフォーマンスを統計的に分析する事が可能だ。

 

それらの分析されたゴルフデータを元に、

プレーヤー達にとって有効的な練習方法や

コースマーネージメントにも活用されている。

 

ストローク・ゲインド(SG)を分析する事で、

プレーヤーの得意・不得意なショットがわかる。

 

 

■ストローク・ゲインドはどうやって算出する?

 

ではストローク・ゲインド(SG)とはどうやって算出すればいいのか?

 

簡単に説明すると、そのショットがPGAゴルフツアーの中で平均より良いか悪いか?

を1打ずつカウントし貢献度を算出する。

平均よりも良いならプラス(+)であり、悪い場合はマイナス(−)であり、

プラス(+)が大きい方がより良いショットだったという事になる。

 

例えば、PGAゴルフツアーではPer4=400Yでは平均4.0打でホールアウトするが、

一方で340Yでは平均3.71打であるし、500Yでは平均4.41打もかかる。

 

実際に1ホールで算出する場合は

ストローク・ゲインド・トータル(SGT)という指標で表される。

 

いずれも4打(パー)だった場合は

400YではSGT= 0(平均レベル) 

300YではSGT = -0.29(平均より0.29打失った)

500YではSGT = 0.41(平均より0.41打稼いだ)

 

ストローク・ゲインド・トータル(SGT)とは

1ホールで平均スコアよりどのくらい稼いだかを知る指標

 

■ショットごとのストローク・ゲインド(SG)を分析する。

 

1ホールでの稼いだスコアをSGTで算出出来るが、

実際にはショットごとに細かく評価し、

どのショットで稼いだかを分析する事も可能だ。

 

PGAゴルフツアーでは全てのショットの距離と場所のデータを記録している為、

どんなショットでも稼いだ打数を算出する事が出来る。

 

例えば残り300Yのフェアウェイから打ったショットの結果に関して、

2つのパターンでSGを分析してみる。

 

PGAツアーでの平均データは以下になる。

300Yフェアウェイからホールアウトまで           PGAツアー平均3.78打

100Yラフからホールアウトまで                PGAツアー平均3.02打

80ヤードのフェアウェイからホールアウトまで  PGAツアー平均2.75打

 

・パターン1

300ヤードのフェアウェイから100ヤードのラフに入った場合

3.78(300ヤードフェアウェイ)ー3.02(100ヤードラフ)ー1(かかった打数)=-0.24

このショットのストローク・ゲインドは-0.24打(0.24打失った事)になる。

 

・パターン2

300Yのフェアウェイから残り80ヤードのフェアウェイに入った場合

3.78(300ヤードフェアウェイ)ー2.75(100ヤードラフ)ー1(かかった打数)=0.03

 

この結果から、パターン1のケースではPGAツアーではあまり良くないショットであり、

パターン2のケースでは平均レベルのそこそこショットだったという事が解る。

 

ショットごとのストロークゲインドの算出は

打撃地点からホールアウトまでの平均打数から

打撃後の地点のホールアウトまでの平均打数を減らして

1打ひいたもの

 

 

■実際のショットを分析してみる。

 

SGT(1ホールで稼いだ打数)は4種類のショットに分類されており、

それぞれを評価する事でプレイヤーのパフォーマンスが分析できる。

 

SGT =  Off-the-tee + Approach the green + Around the Green + Putting(SGP)

1ホールで稼いだ打数=ティーショットの評価+アプローチの評価+グリーン周りの評価+パッティングの評価

 

400ヤード(パー4)を3打(バーディー)でラウンドしたケースを用いて算出してみよう。

 

【off-the-tee】  (ティーショットの評価)

すべてのパー4とパー5のティーからのプレーヤーのパフォーマンス

 

400ヤードのティーショットで300ヤード打った場合

 

400ヤード(打つ前の距離) = PGAゴルフツアー平均4.1打

300ヤード(打った距離) = SGT(稼いだ打数)

100ヤード(残り距離)  =    PGAゴルフツアー平均2.0打

 

SG (off-the-green)  =   4.1 - 2.0 - 1.0 = +1.9打(稼いだ打数)  

 

【Approach-the-Green】(30Y以上のセカンドショットの評価)

ティーショット以外のアプローチ・ショットでのパフォーマンス

※パー3のティーショットはこちらに含まれる。

 

残り100Yを打ち、8Feet(約2Y)に寄せた場合

 

100Y(打つ前の距離) = PGAゴルフツアー平均2.8打

98Y(打った距離) = SGT(稼いだ打数)

8Feet(残り距離)  =    PGAゴルフツアー平均1.5打

 

SG (off-the-green)  =   2.8 - 1.5 - 1.0 = +0.3打(稼いだ打数)

 

【Around-the-Green】(30Y以内のアプローチショットの評価)

グリーンの周りの30ヤード以内のショットのパフォーマンス

 

上記と同様に算出

 

【Putting (SGP)】(パッティングの評価)

パッティングを含む、グリーン上での全てのショット

その距離からホールアウトするまでのツアーの平均パット数ー自分のパット数

 

残り8Feetをカップインした場合

 

8Feet(打つ前の距離) = PGAゴルフツアー平均1.5打

8Feet(打った距離) = SGT(稼いだ打数)

ホールイン(残り距離)  =    0

 

SGP (Putting)  =   1.5 - 1.0 = +0.5打(稼いだ打数)

 

【全ショットの評価】

これらのショットを足し合わせる事で、

400Y(per4)をバーディで上がった場合の

SGT(1ホールで稼いだ打数)も算出する事ができる。

 

SGT =  Off-the-tee + Approach the green + Around the Green + Putting(SGP)

SGT =  1.9+0.3+0.5

        =  2.7

 

この結果だけを見ると、Off-the-teeの貢献度は+1.9打と

ティーショット・アプローチショット・パッティングの中では

ティーショットが非常に効果的だったと分析できる。

 

各ショットのストローク・ゲインドを算出する事で

有効なショットを見つけだす事ができる。

 

 

■PGAゴルフツアーのストローク・ゲインド(2017年度)

 

 

PGAゴルフツアーでは世界ランキングNo.1のダスティン・ジョンソンが

SGT…1.905と1ラウンドで2打近く稼いでおり、

半分をティーショットが占めている事が解る。

 

対照的なのがジョーダン・スピースで、こちらはアプローチ・ショットで

半分近くを稼ぎ出している事が解る。

 

このようにストローク・ゲインドを使用する事で

PGAツアープレーヤーのパフォーマンスを簡単に分析できる。

 

ゴルフデータ革命にはパッティングやティーショットを中心とした

ストローク・ゲインドに関して詳しく述べられている。

 

#ゴルフデータ革命

#ストローク・ゲインド

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports