• パイソン2017

【ゴルフデータ】アイアンショットの精度をストロークゲインドから分析


ブログ内容

・アイアンショットの精度を示す

・ストロークゲインドとは?

・ストロークゲインドアプローチの

2017年ランキング

■ストロークゲインドアプローチとは何か?

30ヤード以上のティーショット以外の

ショットでのパフォーマンスを

数値化したものである。

※パー3のティーショットは

こちらに含まれる。

そもそもストロークゲインドとは?

ストロークゲインドアプローチとは

PGAツアーの平均的なショットと

比べてそのショットが

良かったのか・悪かったのか

を示したものである。

良い場合は「稼いだ」事になり、

悪い場合は「失った」事になる。

■100ヤードからのショットの場合

100ヤード = PGAゴルフツアー平均2.8打

例えば100ヤードから

残り2ヤードにつけた場合は

2ヤード=PGAゴルフツアー平均1.5打

+0.3打 =(2.8 - 1.5 - 1.0)

平均より0.3打稼げた事になる

残り4ヤードになった場合は

4ヤード=PGAゴルフツアー平均1.87打

ー0.03打 =(2.8 - 1.87 - 1.0)

平均より0.03打失った事になる

PGAツアーにおいては100ヤードからは

4ヤード以内に付けないと

ダメだったと言う事になる。

ストロークゲインドアプローチは

すなわちピンに近ずいた指標であり、

この値はショットの精度だと

言い換える事ができる。

ショットの精度が高くなるほど

この値は大きくなる。

PGAプレーヤのパーオン率はこちら

■ストロークゲインドアプローチの

2017年度のランキング

ストローク・ゲインド・アプローチ

(2017)

ストローク・ゲインド・アプローチの

上位ランキングを見てみると、

ジョーダン・スピースが1位で

1ラウンドで平均0.9打である。

アイアンショットで+0.9打

いう事は平均よりもアイアンの

精度が非常に高いという事だ。

2位にはポール・ケイシー

5位には世界ランキング1位の

ダスティンジョンソン

ダスティンジョンソン 飛距離データ

6位には世界王者の

ジャスティン・トーマス

ジャスティントーマス飛距離データ

7位の松山英樹は

平均で+0.645打であり、

精度の高いショットが打っていると

データも示している。

松山英樹のドライバーデータ

16位以降のランキングでは、

17位に世界2位のジョンラーム

19位はベテランのジミーウォーカー

25位は元世界1位のアダムスコット

などの選手がアイアンショット

を得意にしている。

下位ランキングではマイナス

(失った)

データになっており、

シード権を喪失した石川遼や

飛ばし屋として将来期待される

ブラインドン・ハギーや

アーニー・エルスとKJ・チョイなどの

レジェンド等が苦しんだ一年だった。

PGAプレーヤのパーオン率はこちら

#データ分析

201回の閲覧

© 2017 HeroSports