• パイソン2017

【最新】ジェイソンデイのクラブセッティングとショットデータ(2020年)

最終更新: 2月25日


ブログ内容

・プロフィール

・ストロークゲインド

・ドライバー飛距離と精度

・ドライバー打撃条件

・アイアンショットの精度

・パッティングの精度

・最新クラブセッティング

ジェイソン・デイ

(Jason Day)

出身 オーストラリア

身長 183cm

体重 88kg

世界ランキング46位

賞金ランキング7位 

$643,313

ジェイソンデイのドライバー↓


■ショットデータ

元世界ランキングNo.1のジェイソンデイも2018年の優勝から遠ざかっている。

ドライバーでダイナミックに攻めるゴルフが魅力的ではあるが、フェアウェイキープ率を見てわかるようにドライバーの安定性を失っている。

2019年シーズンはクラブセッティングを大幅に変更し、特にウッド系は寛容性の高いM3→M6になっているのが特徴的である。

アイアンもP760シリーズに変更しているが、グリーンヒットも低下しており、耐えるゴルフが続いている。

パットの安定感は相変わらず高く、ショットの調子さえ戻ってこれば優勝争いに絡んでくるだろう。

■ストローク・ゲインド

各ショットをPGAツアー平均と比較したもの。

プラスだと平均以上(得意なショット)でありマイナスだと平均以下(苦手なショット)になる。

Driver…Par3以外のティーショット

Approach…2打目以降のショット

Around…30Y以内のショット

Putter…グリーン上のショット

PGAツアー平均よりトータルで1.66打/ラウンド(10位)のプラス(稼いでいる)

ジェイソンデイの圧倒的な凄さは何と言ってもパッティング(+1.3)だ。

PGAツアーでも去年の13位から今年は1位と大きく伸ばしている。

世界ランキング1位の2016年シーズンもパッティングは1位(+1.1)だった事から、強いデイが戻ってきた事はデータからも明白だ。

ストロークゲインドを知るともっとゴルフが面白くなる

■ドライバー飛距離と精度

・飛距離ランキング

平均飛距離は312.0Y(11位)と飛ばし屋デイは今年も健在だ。

フェアウェイキープ率も66%とかなり高いレベルを示しており、あまり得意ではなかったドライバーの正確性も向上している。

PGAツアーの飛距離ランキング

【無料】全選手のドライビングデータ

・飛距離と精度

平均飛距離:312.0Y(11位)

フェアウェイキープ:66%

(26位)

トップクラスのドライバー飛距離に今年は安定感も高く好調を見せつけている。

フェアウェイキープ率が53%(2017年)から66%まで大幅に伸びたことは、新しいドライバーがよっぽど合っているのかもしれない。

■ドライバー打撃条件

ヘッドスピード:51.96m/s

ボールスピード:77.92m/s

ヘッドスピードは飛距離310ヤードを超える程の速さとは言えないが、ミート率が良くボールスピードはそこそこの値になっている。

スピン量:2118回転

打ち出しアングル:11.54度

同じテーラーメイドのM3ドライバーを使用している、飛ばし屋のローリーマキロイと同じような超低スピン条件で打ち出している。

■アイアンショットの精度

グリーンオン率

平均パーオン率:66.1%

200Y以上からのオン率:50.0%

175-200Yまでのオン率:59.0%

150-175Yまでのオン率:61.3%

125-150Yまでのオン率:58.3%

100-125Yまでのオン率:76.2%

100Yまでのオン率:88.9%

苦手なアプローチショットでは全体的なグリーンヒット率は低くはない

ショートアイアンのグリーンを捉える確率も高く、グリーンに乗せる安定性も良好。

ピンまで寄った平均距離

200Y以上のショット精度:18.1Y

175-200Yのショット精度:13.3Y

150-175Yのショット精度:11.0Y

125-150Yのショット精度:8.5Y

100-125Yのショット精度:6.7Y

100Yのショット精度:6.4Y

グリーンヒット率はそこそこのデータだったが、ピンまでの距離(寄った距離)は

どのレンジからも平均より悪い。

パッティングが得意なのでショットで寄らなくてもカバーできるのがデイの強さの秘訣だろう。

■パッティングの精度


平均パッティング:1.70

6M以上からカップイン:4.9%

4.5〜6Mのカップイン:37.5%

3〜4.5Mのカップイン:35.7%

3M以下のカップイン:100%

現在ナンバーワンのパッティングのデータは驚異的だ。

3.5〜6m以内の中距離では、なんと40%近くの確率で沈めておりPGAツアー平均の2倍にもなる。

3m以下のパッティングは100%と今の所はパーフェクト。

■クラブセッティング(2020年)

ドライバー

テーラーメイドSIM

(ロフト10.5度)

シャフト:三菱ケミカルクロカゲ

(シルバー70 TX)


3ウッド

テーラーメイドM6

(ロフト15度)

シャフト:三菱ケミカルクロカゲ

(シルバー80 TX)

アイアン

テーラーメイド P-760

(3番〜PW)

シャフト:ダイナミックゴールド

(X7)

ウェッジ

テーラーメイドミルドグラインド2

(50度・54度・60度)

シャフト:ダイナミックゴールド

(X)

パター

テーラーメイドスパイダー

(ブラック)

■関連ブログ

【無料】全選手のドライビングデータ

【最新】カテゴリ別の人気ドライバー28選

世界最高峰ツアーで飛距離No.1のクラブ

タイガーウッズのデータ分析

松山英樹のデータ分析

ジョーダンスピースのデータ分析

小平智のデータ分析


#ジェイソンデイ

#復活

4,542回の閲覧

© 2017 HeroSports