• パイソン2017

【ゴルフデータ】ストローク・ゲインドを伸ばす事でスコアアップ出来るのか?


ストローク・ゲインド(SG)ではそれぞれのショットの貢献度が算出でき

プレーヤーのスコアリングの傾向、得意距離や苦手なショット等が解るが、

はたして、このデータはスコアや世界ランキングにきちんと反映しているのか?

PGAゴルフプレーヤー達の2017年のランキングで検証してみる。

ストローク・ゲインドとは?

■ストローク・ゲインド・トータル(SGT)のランキング

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンと

2位のジョーダン・スピースはSGTも順当な結果になっている。

ジョン・ラームはSGTでは3位につけているが、世界ランキングや

賞金ランキングは高くない亊から、スコアが勝ちに結びついていない。

一方で世界ランキングで4位につけている松山英樹については、

SGTでは10位以内にすら入っていない。(21位)

彼のゴルフでの勝負強さ(勝ち運)によるものだろう。

ストローク・ゲインド・トータル(SGT)とは

1ホールで平均スコアよりどのくらい稼いだかを知る指標

ストローク・ゲインド・トータルとは?

■ストローク・ゲインド(SGT)と平均スコア

平均スコアとストローク・ゲインド・トータル(SGT)では相関が非常に高く、

世界トップクラスの選手は平均で1.5打以上もスコアも稼いでいる。

ストロークゲインドを分析し、少しでも大きくなるように、

練習する事でスコアアップに繋がる事が解る。

ストローク・ゲインド・トータルと実際のスコアは結びついている。

■世界ランキングとストロークゲインド

WorldRankingのポイントは文字通り、

世界ランキングを決定する為に必要なポイントである。

2017年度はダスティン・ジョンソンとジョーダン・スピースの

両名がポイントで抜け出している。

特にSGTが1.5を超えるレベルになれば、

確実に世界のトップ5になれるだろう。

世界でトップ5に入るにはSGT=1.5以上を目指せば良い。

■賞金ランキングとストロークゲインド

賞金ランキング(1大会あたりに換算)に関しては、

出場した大会の大小によって左右されるが、 SGTとの相関は非常に高い。

稼いだ打数(SGT)を伸ばす事で、文字通り賞金も稼ぐ事が出来る。

2017年は上位の4名(ダスティン・スピース・トーマス・松山) で争っていた。

松山秀樹・ダスティンジョンソン・ジョーダンスピース・

ジャスティントーマスが1試合で稼ぐ金額は40万ドル(4000万円)

■Fedexランキングとストロークゲインド

2017年のフェデックス・ランキングは松山英樹がナンバーワンだった。

彼はSGTが1.0とPGAツアーの中でも20番目に位置するが、

抜群の勝負強さによりスコア以上の結果を残せた1年だった。

松山英樹はSGT=1.0と他と比べても特別に良い数字ではないが、

効率よくポイントや賞金を稼ぐ事が出来ている。

#松山英樹のストローク

#ストロークゲインドでスコアアップ

#データ分析

0回の閲覧

© 2017 HeroSports