• パイソン18

2017年王者のジャスティントーマスは弾道で飛ばしている。

最終更新: 2018年1月10日

2017年度のPGAツアー年間王者に輝いたジャスティン・トーマスは

外国人選手の中ではそれほど大きくない体格をしているが、

かなりの高打ち出し低スピンの飛ぶ弾道で飛距離を稼いでいる。


名前  ジャスティン・トーマス

出身  アメリカ

身長  178cm

体重 66kg

世界ランキング 4位 

賞金ランキング 1位 $9,921,560

飛距離ランキング 8位 309.7Y


■飛距離と打撃の条件

打出しアングルが12.5度と高くて、2293回転という超低スピンで打出しており、

最適な弾道で飛距離を稼いでいる事が特徴である。



■ヘッドスピード


ジャスティントーマスはヘッドスピードは52m/sと飛ばし屋としては物足りないが、

同じヘッドスピードの選手たちの中では群を抜いて飛距離を稼いでいる。






■ミート率


ボールスピードが78m/sとヘッドスピードの割には高いミート率で打撃できている。







■弾道データ


スピン量は2200rpmと超低スピンになっており、打出しアングル12.5度という高いアングルになっている。かなりのアッパースイングで打撃しているのかもしれない。




■フェアウェイキープ率


55%と飛ばし屋達の中では平均レベルである。スピン量が少ない選手なので、飛ばすが安定性には少し欠けるか。







■飛距離とゴルフスコア


2017年度の王者というだけあって、スコアは飛ばし屋の中ではダントツNo.1である。スコアではダスティンジョンソンさえも上回っている。






■使用ドライバー

ジャスティン・トーマスの高打ち出しアングルで低スピンの最適弾道で飛ばすデータを生み出しているのはタイトリストの917ドライバー。











0回の閲覧

© 2017 HeroSports