Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【最新】ローリーマキロイのクラブセッティングとショットデータ(2019年)

ブログ内容

(2019年5月11日更新)

 

・プロフィール

・ストロークゲインド

・ドライバー飛距離と精度

・ドライバー打撃条件

・アイアンショットの精度

・パッティングの精度

・最新クラブセッティング

 

ローリー・マキロイ 

(Rory Mcllroy)

出身 北アイルランド

身長 178cm

体重    73kg

世界ランキング4位

賞金ランキング3位 

$5,332,659

 

 

マキロイが使用する

テーラーメイドM5はこちら↓ 

 

 

■ショットデータ

ショットデータをPGAツアー1位=200点とした時のショットの偏差値

 

ローリーマキロイの特徴は何と言っても圧倒的なドライバーの飛距離だ。

 

PGAツアーの中でもNo.1と言っても過言ではない。

 

現代ゴルフの象徴でもある、「とにかく飛ばしてグリーンに近づける」責めるゴルフを中心に組み立てているのがデータから見えてくる。

 

飛距離が出る分、フェアウェイキープ率はあまり高くない。

 

派手に見えるゴルフをしながらも平均パット率が非常に良く、パッティングがマキロイのスコアを支えていると言える。

 

2018年シーズンとの大きな違いは、グリーンオン率とスクランブル率だ。

 

昨年はグリーンオン率があまり高くなかった為、高いスクランブル率(アプローチ)で寄せて耐えていた。

 

今年の好調なのはグリーンに乗せる事ができている為、より組み立てやすいゴルフができている事が要因だろう。

 

最新のクラブセッティングの特徴としては、何と言ってもパターをスパイダーXに変えた事だろう。

 

得意としているパッティングでのクラブ変更は、かなり良いフィーリングだった事が伺える。

 

 

あなたのショットを分析↓

 

■ストローク・ゲインド

 

各ショットをPGAツアー平均と比較したもの。

プラスだと平均以上(得意なショット)でありマイナスだと平均以下(苦手なショット)になる。 

 

Driver…Par3以外のティーショット

Approach…2打目以降のショット

Around…30Y以内のショット

Putter…グリーン上のショット

 

PGAツアー平均よりトータルで1.4打/ラウンド(18位)のプラス(稼いでいる)

 

全体的に平均よりもプラスであり穴はないが、特にドライバーショット(+0.6)とパッティング(+0.6)で平均より大きくプラスであり得意としている。

 

グリーン近くまで飛ばしてバーディをねじ込むマキロイの豪快なゴルフスタイルは2018年も健在だ。

 

 

ストロークゲインドを知るともっとゴルフが面白くなる

 

 

■ドライバー飛距離と精度

 

・飛距離ランキング

 

平均飛距離は314.1Y(6位)と去年と同じくらいの飛距離を出しており、今年も上位にキープしている。

 

フェアウェイキープ率も60%と飛距離の割には高いレベルを維持しており、正確なドライバーがマキロイのゴルフを支えている。

 

 

 

【無料】ドライビングデータプレゼント

 

 

・飛距離と精度

 

平均飛距離:314.1Y(6位)

フェアウェイキープ:60%

(182位)

2017年度は飛距離は317.2ヤードでPGAツアーのトップだったが、今年もほぼ同じ距離を飛ばしている。

 

フェアウェイキープ率が55%(2017年)から60%まで向上しており、今年のドライバーショットはさらに安定性を増している。

 

 

■ドライバー打撃条件

 

ヘッドスピード:54.37m/s

ボールスピード:80.14m/s

ヘッドスピードはPGAツアーの中で2番目に早く、178cmと小柄な体型からも信じられないくらいのスピードでスイングしている。

 

もう少しミート率が上がれば、ボールスピードに伴って飛距離も伸びてくるだろう。

 

 

 

スピン量:2204回転

打ち出しアングル:11.27度

 

もともと、スピン量はかなり少なく高い打出しの飛ばしに理想的な条件だった。

 

今年はテーラーメイドのM5ドライバーを使用し、さらにスピン量を減らして打撃している。

 

 

マキロイが使用する

テーラーメイドM5はこちら↓ 

 

■アイアンショットの精度

 

グリーンオン率

平均パーオン率:60.7%

200Y以上からのオン率:44.5%

175-200Yまでのオン率:50.0%

150-175Yまでのオン率:64.2%

125-150Yまでのオン率:60.0%

100-125Yまでのオン率:62.8%

100Yまでのオン率:80.0%

マキロイのグリーンオン率は殆どの距離でPGAツアーの平均よりも低い。

 

ピンまで寄った距離(下記)は悪くない事から、攻め気な性格でピンサイドを攻めてグリーンを外す確率も高い事が想像できる。

 

 

ピンまで寄った平均距離

200Y以上のショット精度:13.6Y

175-200Yのショット精度:9.3Y

150-175Yのショット精度:9.8Y

125-150Yのショット精度:7.0Y

100-125Yのショット精度:5.7Y

100Yのショット精度:6.7Y

 

ショットの精度(ピンまでの残り距離)を見てみると、特にロングショットの精度が高いのが解る。

 

ドライバー・ウッドを含めてもマキロイは長いクラブが得意だという事が言えるだろう。

 

マキロイのアイアンはこちら↓

 

 

■パッティングの精度

 

平均パッティング:1.75

6M以上からカップイン:9.8%

4.5〜6Mのカップイン:15.1%

3〜4.5Mのカップイン:34.1%

3M以下のカップイン:96.7%

距離ドライバーに加えて得意にしているパッティングは、どの距離もカップイン率は高い。

 

特に3〜4.5m以内のパッティングは得意だが、ミスパットが少ないのがマキロイの長所である。 

 

マキロイのパターはこちら↓

 

 

■クラブセッティング(2019年)

 

 

ドライバー

 テーラーメイドM5

(9度)

シャフト:三菱レイヨンテンセイ

(プロホワイト70TX)

 

マキロイのドライバーを中古で購入↓

 ウッド

テーラーメイドM5

(ロフト19度)

シャフト:三菱レイヨンテンセイ

(プロホワイト90TX)

 

アイアン

テーラーメイド790

(2番)

シャフト:プロジェクトX

 

 

 テーラーメイド P-750

(3・4番)

シャフト:プロジェクトX

(7.0)

 

 テーラーメイド P-730

(5番〜9番)

シャフト:プロジェクトX

(7.0)

 

 

ウェッジ

 テーラーメイドミルドグラインド 

(48度)

シャフト:プロジェクトX

(6.5)

 

 テーラーメイド Hi-Toe

(54度・60度)

シャフト:プロジェクトX

(6.5)

 

 

 パター

 テーラーメイドスパイダーX

 

サングラス

マキロイも愛用するサングラス

 

 

 

■関連ブログ

 

【無料】ドライビングデータプレゼント

 

【最新】カテゴリ別の人気ドライバー28選

 

世界最高峰ツアーで飛距離No.1のクラブ

 

ジェイソンデイのデータ分析

 

タイガーウッズのデータ分析

 

松山英樹のデータ分析

 

PGAツアープロのセッティング

 

 

 

■オススメギア

 

マキロイが選んだテーラーメイドのゴルフボール。

マキロイと同じプレーナンバー22でサイドマークにRORSのマークが!

 

ダスティンジョンソン・ジェイソンデイ・ジョンラームモデルが入ってお得なモデル。

貴方も彼らの気分になってプレーしてみるのはいかがでしょう?

数量限定なのでお早目に

 

最安値はこちら↓

 

 

#ローリーマキロイ 

#飛距離

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports