Welcome to my blog

世界トップレベルの集まるPGAツアーデータを統計的手法を用いて解析しゴルフ上達に必要なスキルと技術を紐解く。

​関連記事
Please reload

過去の記事
Please reload

PGAデータ解析を無料メルマガで購読しませんか?

【更新頻度】月1回

【メルマガ内容】

有力選手のデータや使用クラブ情報をお届けします。

【特典】PGA全選手の2018年データをプレゼント

​詳細はこちらから↓

無料メルマガで最新クラブセッティング情報をゲット

【ゴルフデータ】タイガーウッズ 復活の鍵を握るドライバーショットの飛距離と安定性

元世界ランキング1位のタイガーウッズ は、

現在は度重なる怪我とスキャンダルに苦しんでいる。

今年こそはと彼の活躍を期待しているファンも多く、

2018年のPGAツアーの大きな楽しみの一つだ。

過去の飛距離データから復活の鍵になるであろう

ドライバーショットを分析する。

名前  タイガーウッズ 

出身  アメリカ

身長  185cm

体重       84kg

飛距離ランキング

302.5Y

 

2017年飛距離ランキングデータ

 

タイガーのドライバーはこちら↓

 

 ■過去12年間の飛距離データ

 

2005年からのデータを集計すると

平均で300ヤードの飛距離を稼いでおり、

飛距離でもタイガーウッズ はスターの実力を発揮している。

特に2005年〜2009年までは無敵を誇っていた。

アベレージスコアも68以下をキープしており、

毎回優勝争いを演じていたのは言うまでもない。

 ■飛距離の推移

 

長いツアー生活の中で故障やスイングの不調もあったが、

常にPGAツアーの平均より上回っていた事は

さすがタイガーウッズ と言うしかない。

 

また、2005年から低下して来ていた飛距離が

ここ数年間では少しずつ伸びて来ており、

2年前あたりからは300ヤードも超えて来ている。

また、驚かされたのは2005年当時の飛距離であり、

当時で316ヤードという驚異的な数字を叩き出している。

(飛距離ランキングでも2位にランクイン)

 

2005年の飛距離ランキングデータ

 

 

ローリーマキロイ が2017年に317ヤードとトップであるが、

10年以上前の条件でも劣らない結果だ。

 

ローリーマキロイ の飛距離データはこちら

 

タイガーウッズ 使用予定のドライバーはこちら↓

■ヘッドスピード

 

ヘッドスピードは残念な事に低下して来ており、

40歳を超えた現在では若手の飛ばし屋達と争うのは難しいが、

2017年では53m/sと松山英樹と同じくらいのスピードで

ドライバーを振る事ができるのはトレーニングの賜物だ。

 

松山英樹のヘッドスピードと飛距離のデータはこちら

53m/sのヘッドスピードはPGAツアー全体の中でも

早い方の部類に入ってくるのでツアーで戦う分には問題ない。

 

同じくらいヘッドスピードでも320ヤードの

飛距離を出している選手もいる為、

最適なスピン量と打出しアングルで飛ばせるようになれば

タイガーには有利に働くだろう。

 

最適弾道で打つジャスティントーマスのデータはこちら

 ■フェアウェイキープ率

 

無敵だった2005年〜2008年にかけても

フェアウェイキープ率は平均を下回っており、

ドライバーショットには常に不安を抱えていた事が

データから見てとれる。

2018年シーズンはまだまだ序盤だが、

フェアウェイキープ率は35%と最下位に近い。

 

怪我からの復帰でブランクはあるが、

飛距離では十分通用するレベルまで戻って来たが

安定性という面からは復活にはもう少しかかりそうだ。

 ■飛距離とゴルフスコア

 

今年は310ヤードを超えているプレーヤーが15名もいるという

とんでもないデータになっているが、その中でも

タイガーウッズ は300ヤードを超える飛距離で戦っている。

 

フェアウェイキープ率が35%という低い数字なのに

平均スコア71でラウンドしているのは

他のショットが復活してきているからだ。

もう少し安定したドライバーを打てるようになれば

優勝争いが出来るスコアになってくるに違いない。

 

タイガーウッズ の復活までもうすぐだ。

 

■ゴルフスイング

 

最新のタイガーウッズ のスイングは、コンパクトで

捻転差も以前よりは小さくなりフェースを返して

捕まえていくスイングになっている。

 

以前はカットに打ちながら大きな伸び上がりがあり

捕まっていない印象があったが、

修正され飛距離も出てきている。

 

■クラブセッティング(ドライバー)

 

 

昨年テーラーメイドとクラブ契約をしたタイガーウッズ は、

M2ドライバーを使用していたが、

M3に切り替えるのではないかと思われる。

このドライバーは「ツイストフェース」と呼ばれる

ミスしても曲がりにくい画期的な技術が搭載されており

安定感を求めているタイガーにはもってこいのドライバーだ。

 

 

 

 

タイガーウッズ が初めて日本でラウンドしたコースが

埼玉県にあるのはご存知でしょうか?

平日なら1万円程度でラウンド出来るので興味があれば、

腕試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?↓

 

■関連ブログ

 

超お得にゴルフラウンドする方法

 

タイガーウッズのデータ分析

 

ローリーマキロイ のデータ分析

 

松山英樹のデータ分析

 

PGAツアープロのセッティング

 

 

オススメの無料アプリお↓

 #タイガーウッズ 

#テーラーメイド

#タイガーウッズ M3

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

オススメブログ↓

© 2017 HeroSports